2009/10/30

お坊さんを何てよぶ。ご住職? 和尚さん?

お坊さんを何てよぶ。ご住職? 和尚さん?

「ご住職」とは、お寺の代表者のことです。会社の社長です。
お寺の代表者には、「おしょうさん」ではなくて、「ご住職」と呼びかけます。

「和尚さん」、「お坊さん」は、僧侶全般のことです。


【参考】
山寺の和尚さん【音楽】ダークダックス
いたずら好きの若い和尚さんが思い浮かびます。

2009/10/28

避難・観光地図作成メモ

  •  大原則
    •  シンプルに
    • 文字を大きくて見やすく
    • ふりがな:よみづらい大切な場所
  • 地図記号の一覧
  • 題字:「避難」は緑に、「観光」は赤に
    • 地図上でも同様に
  • 要所には英語も
  • AED、トイレを目立つように
  • 七福神
    • 矢印で次の霊場を表示
  •  QRコードを多用
  • 縮尺を入れる
----------
 2009年10月29日 作業部会での話し合いメモ

  1. 凡例に  □←緑  避難場所
  2.  凡例に 観光、ショッピング関係は赤字で表示してあります。
  3. 文字の色を統一する。
  4. 駐車場の P を記入したら。
  5. 学校の表記を 文 で統一するか。
  6. 赤心堂と東武ホテルを結ぶ歩道の幅が広すぎる。
  7. クレアモール、大正ロマン通り等の始点と終点を正確にする。
  8. 泥棒橋の位置を正確に。
  9. 旧城郭の表示が、分かりにくい。
  10. 施設内公衆トイレは、午後5時30分以降閉鎖される。
    1. 定時閉鎖 と入れる
  11. 「〇文」と「文」の区別
  12. 国道の表示を正確に。
  13. 鉄道の表記を、統一する。JRと東武 西武
  14. ローマ字表記を統一したら。
  15. 防犯連絡所、備蓄倉庫を記入する。
  16. 病院の表示を、統一する。
  17. 公共施設、機関の表示色を統一せる。
  18. 東京電力、NTT,消防、警察等正式な地図表示にすべきだ。
  19. 小仙波貝塚の赤表記は、灰色にしたら。
  20. ホテルの色をどうする。観光ではないか。
  21. 桜の表記は必要か。
  22. 丸広百貨店の文字が大き過ぎる。
  23. 龍池弁財天を赤文字表記にする。緑の敷地マークを
  24. 人力車乗り場を表記したら。
  25. スカラ座を赤文字に、道路を表記したら。
  26. 旭湯を表記したら。
  27. 配色で、緑を防災関係色、赤を観光色にする。 
  28. 市役所から…菓子屋横町への道、「歩道狭く…」に変更
  29. 重要なQRコードは右上に
  30. ホテル、タクシー案内は削除

2009/10/19

仏像の4区分:如来、菩薩、明王、天部 >寺社

(2010年3月11日改稿)



如来は1番えらい仏さまです。
釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、大日如来などがあります
このうちお釈迦様だけが、実在しました。

菩薩は、如来の下で働いています。
この世とあの世の橋渡しをします。
地蔵菩薩、観音菩薩などです。
まだ悟りを開いていません。
如来が大学生とすると、菩薩は予備校生です。

明王は、如来の下ではたらいています。
菩薩の下か対等の関係にあります。
こわい顔をして、悪いものを助けます。

天部は、 ヒンドゥー教の神々が仏教に取り入れられたものです。
梵天、帝釈天、毘沙門天、弁財天、大黒天、吉祥天、韋駄天などがあります。


仏と菩薩(ぼさつ)のちがい 
釈迦の次は、弥勒菩薩(みろくぼさつ)

    2009/10/11

    京都御所の角欠け(かくかけ)とは。猿が辻

    京都御所の東北部の角欠け(かくかけ)。2009年8月 
    日吉大社

    京都御所の東北部は、邪鬼の進入を防ぐようにと、ここだけわざと塀の角がえぐられています。 角欠け(かくかけ)といいます。
    猿の彫刻もあり、「猿が辻」といわれます。
    京都御所略図

    「猿が辻」の東北の方向には、比叡山があり、御所をお守りしています。
    京都御所の東北に比叡山【地図】

    日吉大社の棟(むね)持ち猿  /src ページ末 

    比叡山のふもとには、日吉(ひよし)大社があります。猿が神の使いです。
    日吉は「ひえ」ともいい、「日枝」と記されることもあります。
    全国に3800あります。
    日吉大社は、大山昨神(おおやまくいのかみ)が主神です。
    大山に杭(昨)を打つ神、大きな山の所有者を意味します。

    京都人は、京都から奪わず多くの貢献をしてくれた豊臣秀吉が好きです。
    秀吉の幼名は、日吉丸(ひよしまる)でした。
    猿が日吉大社を守っています。

    日吉大社 公式ページ




    *
    http://www9.plala.or.jp/sinsi/07sinsi/fukuda/saru/saru-1-1.html

    2009/10/09

    蓮馨寺(れんけいじ)のキーワード

      粂原恒久セミナー(2009年10月20日18時半 蓮馨寺講堂) キーワード 

      ●あ
      • 葵の紋所
      • 阿弥陀如来
        • 県の指定文化財。
      • 板碑 (いたび)
      • おびんづる様
      ●か
      • 川越市仏教会
      • 川越大火(1893年、明治26年)
      • 関係寺社:熊野神社 、見立寺(けんりゅうじ)
      • 感誉存貞(かんよぞんてい)上人
      • キャッチフレーズ
        • ご本尊の阿弥陀如来
        • 学徳一世に秀でた感誉上人
        • 慈愛に満ちた 呑龍上人
        • 親しみあふれる おびんずる様
        • 七福神の福禄寿
      • 粂原恒久(くめはら こうきゅう)
        • 1949生まれ。
        • 慶応大、大正大博士課程了。
        • 大正大学などの講師。
        • 川越市仏教会長。
      •  境内の飲食
        • 太麺やきそば 
        • 焼きだんご
      ●さ
      • 七福神の福禄寿神
      • 住所: 川越市連雀町7-1
      • 将監(しょうげん)地蔵尊
      • 浄土宗 
      • 孤峰山 宝池院 蓮馨寺 
        • 孤峰山 
        • 宝池
          • 熊野神社
      ●た
      • 大道寺駿河守政繁
      • 立門前(たつもんぜん)商栄会:鶴川座 、川越織物市場、芋十
      • 檀林、十八檀林 
        • 幕府公認の僧侶養成機関
      • 中央通り
      • 呑龍(どんりゅう)上人
        • 社会事業の先駆者
      • 呑龍上人縁日
        • 毎月8日
        ●は
        • 林崎甚助
        •  北条早雲→ 氏綱→ 氏康
          • 1546年、北条氏綱が河越城を落とす。⇔扇谷上杉(おおぎやつ-うえすぎ) 
          • 河越夜戦で活躍した大道寺駿河守政繁は河越城主に 
        • 墓地:蓮馨尼、小宮山家、星野家、林崎甚助(居合)
        ●ま
        •  水舎(みずや)
        ●やらわ
        • 『蓮馨寺日鑑』公用日誌70冊。県指定文化財
        • 蓮馨尼
          • 道寺政繁 の実母
          • 蓮馨尼の供養碑
        • 蓮馨寺講堂
         ----------
        リンク集
        ----------

         檀林

          
         呑龍デー

         
        福禄寿

         
        焼失をまぬがれた水舎(みずや)

        葵の御紋

        2009/10/04

        比叡山中興の祖、天海

        1607年から5年間、天海は、家康の依頼で
        比叡山の探題(たんだい)となり、
        内輪もめの激しかった延暦寺をまとめました。

        探題とは、宗教の最高権威者のことです。

        天海は朝廷にもしばしば招かれました。
        『源氏物語』を講義に参加したり、碁を打ったりもしました。

        天海の名声が上がるにつれ、
        叡山には学僧があつまり
        昔のように盛んになりました。

        天海は、比叡山中興の祖とよばれるようになりました

        天海大僧正の説明版 @比叡山、2009
        天海大僧正の説明版:(説明文)。

        「徳川家康公の信任厚く、
        黒衣(こくい)の宰相と言われる。

        比叡山をふりだしに、全国を修行して歩き、
        再び比叡山を志したとき、
        織田信長の比叡山焼き討ちにはばまれた。

        後、武田信玄の帰依(きえ=信仰)も受けた。

        家康公に山王一実神道(さんのう いちじつしんとう)を説いた。

        秀忠、家光と三代の将軍について幕政に参画、
        政権確立に貢献した。

        日光山を与えられ、この造営に尽くし、
        また上野の寛永寺を開山した。」

         慈眼大師 天海大僧正 住坊跡の碑
         慈眼大師 天海大僧正住坊跡の碑

        ここに73歳から4年間独居します。
         「大師」の称号は、天台宗では、天海以降いままで誰も贈られていません。

        慈眼大師、天海大僧正について
         慈眼大師、天海大僧正について:(説明)

        「徳川家の三代にわたって宗教、政治の
        ご意見番として活躍した天台宗の傑僧で
        この地、南光坊に住す。

        織田信長の叡山焼き討ち後の比叡山の復興に力を入れ、
        現代の根本中堂、大講堂などは
        天海大僧正が家光を説いて
        再建が果たされたもので、
        比叡山延暦寺の大恩人とあがめられている。

        東叡山寛永寺を開山して、
        比叡山の教学を関東に定着させ、
        日光山をも造営した。
        長寿の人で、この南光坊には73歳から4年間住んだ。」
        *     *     * 

        天海は、関西、京都、比叡山では、
        「比叡山中興の祖」
        とあがめられています。

        信長によって焼き討ちされた比叡山を再興したのが、天海です。