2014/09/03

小泉八雲『耳なし芳一』は、最先端の科学のはなし。怨霊の封じ込め

耳なし芳一 /* 
小泉八雲の怪談 「耳なし芳一」【3+】

デジタル絵本「耳なし芳一」【2+】


仏教は、かつては最先端の科学でした。

仏教は、小泉八雲の『耳なし芳一』のはなしからもわかるように、怨霊(おんりょう)を封じ込めの手段でもありました。

桓武(かんむ)天皇が、最澄(さいちょう、767-822)、空海(774-835)を唐に派遣したのは、怨霊退治に効く新しい宗教科学を輸入するためでもありました。


最澄や空海は、最先端の技術ももたらしました。
建築技術、彫刻技術、木版技術、油、しょうゆ、紙の製造方法などです。

神社の屋根はわらぶきでしたが、お寺の屋根は最新式の瓦ぶきになりました。

弘法(こうぼう)大師・空海は、温泉を発見したり、ため池や土手をつくったりして、各地で感謝されていますが、唐からの最新の土木技術を存分に使ったからでしょう。

日本には、陰陽寮(おんみょうりょう)という「警察+気象庁+厚労省」が合体したような官庁が奈良時代前からありました。
陰陽寮の役目は、怨霊を鎮魂(ちんこん)することでした。
廃止されたのは明治になってからです。


英訳 MIMI-NASHI-HOICHI

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

小泉八雲が「tsunami(津波)」を世界語に広めた


/*
http://image.pia.jp/images/news/img/ORG_20130411001001.jpg

0 件のコメント: